アイデンティティの作り方 ~なりたい自分になるために~

img_5810

(本名)アイデンティティの作り方

(作者)北原りゅうじ     (出版社)少年写真新聞社

高校の教師が書いたユニークな本。「こうなれたらいいな」という理想の自分を思い描き、その人物ならどうするのかを常に考え、最後は理想の自分になる方法をマンガで伝える人気の本。

思春期の反抗期について分かりやすくマンガで説明されており、ここをどう乗り切るかによってマスコミに踊らされたり、ストレスを撒き散らしたり、怒ってばかりいる人間になりかねないことを「同面怪人マスコミダンサーズ」「年がら年獣トゲラ」「ストレス獣ネガス」怪獣として描いていて分かりやすい。 子どもにも理解しやすく楽しく思春期のストレスを扱える絵本。

こわい目にあったアライグマくん

img_5815

(本名)こわい目にあったアライグマくん

(作者)マーガレット・M・ホームズ作/キャリー・ピロー絵 (訳・監訳)一杉由美/飛鳥井望・亀岡智美  (出版社)誠信書房

子どものトラウマ治療のための絵本シリーズ。虐待を受けた子ども達が、イライラしたり、問題ばかり起こしてしまったり、こわい夢をみたりして困っていることを一緒に考えたり、どうしてそうなるかを共に理解するのにとても役に立つ本です。

せっくすのえほん

img_5809

(本名)せっくすのえほん

(作者)みずのつきこ 絵・文 / やまもとなおひで 監修 (出版社)子どもの未来社

小さな子どもでも分かるような絵と文。

「私はどこからうまれてきたの?」という問いに真剣に答えた一冊。「川から流れてきた」(桃太郎!)「花から生まれた」(親指姫!)と突っ込みどころ満載な始まりから、「本当の話」を教えてくれる本。どう教えてよいか分からないときにおススメの一冊です。